ウィル・グロー株式会社

IT/Webハイクラス

転職エージェント

MENU
CONTACT

ビズリーチ/SRM(Site Reliability Management)

2021/02/08
  • IT・インターネット
600~1500万円
  • IT技術職 : インフラエンジニア
  • 東京都
部署・役職名
  • SRM(Site Reliability Management)
職種
  • IT技術職 : インフラエンジニア
業種
  • IT・インターネット->インターネットサービス
勤務地
  • 東京都
仕事内容 部門紹介
創業から10年を迎え、事業・組織ともに急拡大を続けています。
数多くのサービスや開発組織が存在する中で、如何にグループ全体で信頼性や競争優位性を獲得して、世の中に1つでも多くの価値を届け続けられるかが重要な課題となっています。

『プラットフォーム基盤推進室』は、グループの全てのプロダクトに対して、信頼性を含む非機能要件を高めること、及び CCoE としてクラウドを最適に活用することに取り組んでいます。
当部署における非機能要件とは、AWS の Well-Architected Framework の 5 本の柱の "Reliability"、"Security"、"Performance Efficiency"、"Operational Expelience"、"Cost Optimization" を指すこととしており、その柱の改善を推進することで全てのサービス価値を最大化することを目指しています。

社会的意義のあるサービスを通じて、市場に価値あるインパクトを創出するため、圧倒的な技術と経験、そして想いを持ったスペシャリストが揃っています。

<ミッション>
 非機能要件の定義、可視化、全体と個別の最適な改善を実現することで、Visionalのサービス価値を最大化する。
<バリュー>
 Don't Leave Issue
 No Ops More Code
 Make it Visible

仕事内容
SRMの一員として活躍してくれるメンバーを募集しています。

【SRM(Site Reliability Management)とは】

SRE (Site Reliability Engineering) の思想を念頭に、各プロダクトの信頼性を含む非機能要件を高めるため、全社横断的な視点でプロダクト(サイト)を効果的にサポートする活動をしています。
非機能要件を高めるため組織横断で活用するツールやプラットフォームの企画・運用から、組織全体に対する啓蒙・学習、個別組織のエンジニアと連携して課題解決や支援など、間接的に組織全体のサービスに関わります。

【具体的な業務内容】

<プロダクト品質管理業務>
  - Well-Architected Framework の 5 本の柱を軸とした プロダクト品質基準の策定
  - 定期的に実施する全プロダクト向けの品質チェック運用し、プロダクト非機能要件を可視化する活動
  - 達成できなかった部分についての技術的なサポートや、ソリューション提案をOREと共に行い非機能面での品質向上を後押し
  - 業界の動向を見て都度品質基準をアップデート
  - プロダクトの状態を定期的に把握していただく為、ステークホルダーに対してのレポーティング

<生産性向上及びコスト最適化を目的とした管理業務>
  - 全社プロダクトが利用するSaaSツール群の統合管理 及び ベンダー窓口業務
  - 各種アカウント管理業務

まだまだ少人数な部署ですが、既存も含めこれから次々と生み出されてくるプロダクトのサービス価値を最大化するため、非機能要件という観点で一緒にプロダクトを支えていっていただける方を募集しております。

【現場の開発環境】
こちらのスキルは必須ではございませんが、アカウントやコスト管理業務にて各コンソールにログインします。
【主な技術スタック】
<AWS>
Amazon Athena, Amazon Elasticsearch Service, Amazon Kinesis, AWS Step Functions, Amazon EventBridge, Amazon SNS, Amazon SQS, Amazon EC2, AWS Lambda, Amazon ECR, Amazon ECS, AWS Fargate, Amazon Aurora, Amazon DynamoDB, Amazon RDS, AWS CodeBuild, AWS CodePipeline, AWS X-Ray, Amazon CloudWatch, AWS CloudFormation, AWS CloudTrail, AWS Config, AWS Organizations, AWS Personal Health Dashboard, AWS Systems Manager, AWS Trusted Advisor, AWS Well-Architected Tool, Amazon API Gateway, Amazon VPC, Amazon CloudFront, Amazon Route 53, ELB, AWS IAM, Amazon Cognito, Amazon Detective, Amazon GuardDuty, Amazon Inspector, Amazon Macie, AWS Certificate Manager, AWS Key Management Service, AWS Security Hub, AWS Shield, AWS WAF, Amazon S3, Amazon EBS
<GCP>
Compute Engine, Google App Engine, Cloud Functions, Google Cloud Storage, VPC, Google Cloud Load Balancing, Cloud Armor, Cloud CDN, Cloud DNS, Google BigQuery, Cloud Pub/Sub, Cloud IAM, Cloud Run, Cloud Security Scanner, Cloud Security Command Center, Stackdriver, Container Registry, Cloud Build, Cloud Source Repositories
<仮想化基盤> Docker
<プロビジョニング> Terraform
<モニタリング> Datadog
<開発環境> Mac, Github, Slack, InteliJ, JIRA, Confluence
<使用言語> Python, JavaScript, bash

Apply

対応ファイル形式:pdf,doc,docx、サイズ上限:20MB ×
×
×
×

【プライバシー保護に関する基本方針】
ウィル・グロー株式会社(以下、「弊社」という)は、利用者各位がこのウェブサイト(以下「弊社サイト」と言う)を閲覧・利用された際に弊社が利用者各位から収集した個人情報については、適切な利用目的の範囲で利用し、プライバシー保護に努める方針をとっております。

【個人情報の利用目的】
弊社は正当な業務目的の範囲でこれらの個人情報を利用します。
利用者各位から収集した、個人情報を特定できるような情報は当該利用者から寄せられたサービスの申込み手続き、請求資料の送付、セミナー参加手続きや社員募集の応募者を書類選考するために使用します。
また、利用者各位の関心分野や行動を統計的に分析するための資料として利用させていただく場合もあります。

【情報の共有】 利用者各位から送られた個人情報を、利用者各位の承認なしに第三者と共有することはありません。
ただし、法令に基づく等の正当な理由がある場合は、この限りではありません。

【情報の保存期間】
弊社が管理する個人情報については、利用目的に必要な範囲内で保存期間を定めることを原則とし、一定の保存期間を経過した後または利用の目的を達成した後は、すみやかに消去します。
ただし、法令の規定に基づき、保存しなければならないとき、利用者御本人の同意があるときまたは当該個人情報を消去しないことについて正当な理由があるときは、保存期間経過後又は利用目的達成後においても当該個人情報を消去しないことがあります。

【情報の開示について】
弊社では、利用者各位より提供/登録いただいた個人情報を、第三者に対して開示いたしません。
ただし、当該利用者が希望されるサービスを提供するために、情報の開示や共有が必要と認められる場合、情報の開示をすることがあります。
また、法令に基づく等の正当な理由がある場合は、この限りではありません。

【個人情報の取得】
弊社は、利用者各位が希望されるサービスの申込み、資料請求、セミナー参加申込みや弊社への社員募集の応募をされる際に、弊社サイト経由で氏名、勤務先名、役職、メールアドレス、住所、電話番号、ファックス番号等の連絡先に関する情報と社員募集に応募していただいた方の経歴に関する情報・資料などの情報を提供いただきます。

【情報の配布内容】
弊社の業務の運用上適切な範囲に限り、弊社との間で機密保持契約を締結している業者に限り、個人情報を提供することがあります。

【情報の訂正・追加・削除】
利用者各位の個人情報に訂正・追加・削除すべき情報がある場合、利用者各位のお申し出により、弊社は個人情報の訂正・追加・削除をします。

【本ガイドラインの改訂について】
本ガイドラインの全体、または一部は変更される可能性があります。
変更があった場合は、本ページにてお知らせします。